カメラを売る際のポイントと茨木で買取をしてくれるお店について

コンデジから一眼レフに至るまで、カメラは高く売れやすいため買取業者も全国各地にあります。もちろん茨木にも買取業者は多く存在し、カメラ買取専門店も今では珍しくありません。一方で、カメラは同じ機種でも買取価格に差が出やすい特徴があります。

事前に調べた相場とは全然違う価格を提示された人もいるのではないしょうか。そこでカメラを売るときのポイントと、茨木のカメラ買取業者の特徴について見ていきましょう。

一眼レフカメラを高価買取してもらう方法


カメラを売る前にチェックしたいポイント

まず、カメラを買取業者に持ち込む前に、高く売るためのポイントについて押さえておきましょう。冒頭にも触れましたが、カメラは価値のある品が多いため様々な業者が買取をしています。カメラ専門店をはじめ、質屋やリサイクルショップなど持ち込めるお店は多数あります。

しかし、買取価格は専門店が一番高く提示されやすい傾向があり、それ以外のお店だと査定が下がりやすくなります。その理由は、専門店は中古カメラが売れる価格を知っているので、買取価格をギリギリまで引き上げられますが、専門外のお店はそのノウハウを持たないので、損をしないために買取価格を抑えようとするためです。

そのため、買取時は極力カメラの専門店に査定を頼みましょう。お店以外にも意識しておきたいポイントとして、保管状態が挙げられます。実は、カメラは非常にデリケートな機器で、しっかりと保管しているつもりでもそのまま買取に出すと、大きなマイナス査定を受けることも珍しくないので要注意です。

レンズ内にホコリが付着していないか、カビが生じていないか、グリップなどの手が触れる部分の汚れはどうかなどをチェックしておきます。例えカメラバックに入れて保管していても、売る前に一度は取り出して状態を念入りに確認し、必要ならばクリーニングなどのメンテナンスをしておきましょう。

また、付属品も買取価格に大きく影響するので重要なポイントです。充電器とバッテリー、SDカードなどのメディア等、カメラには最初から付属品が多数ついてきます。これらを1つでも無くすと、買取時に結構な額を査定から引かれることも多いので気をつけておきましょう。

業界トップクラスの買取実績を誇るカメラのキタムラ

ここからは茨木で利用できるカメラの買取サービスをやっているお店を見ていきましょう。まずは「カメラのキタムラ」です。あまりカメラに詳しくなくても、お店自体は知っているという人も多いのではないでしょうか。業界の中でも最大手と言ってよく、茨木にも3店舗があるため、利用しやすいという点においても魅力的です。

カメラ専門店だけあって買取販売、プリントサービスやフォトブックの作成に至るまでサービスが充実しています。カメラ買取に関しては業界実績1位を謳っており、カメラ本体からレンズ、さらに三脚などの関連用品まで幅広く買い取ってくれます。

買取方法は店舗買取と宅配便を利用する直送買取、そして店舗スタッフが自宅まで訪問して査定する訪問買取の3つが用意されています。また、このお店はネット上のサービスが充実しているのも特徴です。無料のオンライン査定を利用して、自分のカメラの想定買取価格を調べられますし、古いカメラを持っているなら下取り交換を前提とした査定価格を出すことも可能です。

実際の買取価格をいくつかチェックしてみましょう。「キヤノン」の人気シリーズ、「EOS」のデジイチでは、「EOS 5Ds ボディ」が159,600円、「EOS 80D ボディ」では51,570円です。

「ニコン」のデジイチである「D600 ボディ」では38,070円、「D3」は57,510円です。ここまで挙げてきた買取価格を他社と比較しても最高値ということも多く、大手業者という安心感もあって多くの人におすすめできるカメラ買取店です。

ビックカメラ系列のお店もカメラ買取に定評あり

家電量販店である「ビックカメラ」はその企業名からも分かるように、元々はカメラのディスカウントストアとして業績を上げてきました。それだけにカメラの買取についても定評があり、「カメラのキタムラ」と並んで利用者の多さも際立っています。

ここの買取価格を参考にするユーザーも多数おり、ネットオークションの出品価格にも影響があるほどです。茨木には「ビックカメラ」はありませんが、系列の「コジマ×ビックカメラ」が双葉町で営業しています。また、「ビックカメラ」は子会社の系列店の中にもカメラ買取サービスを実施している店舗があります。

先に挙げた「コジマ」以外にも、パソコン製品の量販店である「ソフマップ」などでも買い取ってくれます。これらのお店のサービス内容も「ビックカメラ」とほぼ同一です。次に買取価格を見てみましょう。先にも参考にした「EOS 5Ds ボディ」は現金買取で150,000円、ポイント受け取りの場合は会員ランクによって165,000から157,500ポイントです。

「ニコン」の「D600 ボディ」は現金で39,000円の買取価格、ポイントだと42,900から40,950ポイントで買い取ってくれます。このように「カメラのキタムラ」と買取価格を比較してもほとんど差がありません。

そのため、買取価格以外の要因、ポイント払いを希望するかどうかや、下取りをして欲しいかどうかなどを考慮して、2社のうちどちらかを利用するのも良いでしょう。

買取専門店ならではのサービスの充実が魅力のウェイブ

茨木だけでなく、東京などにもお店を持つチェーン系のカメラ買取店が「ウェイブ」です。カメラの買取に特化しているため、便利なサービスも多くあります。メールや電話1つで査定ができ、買取方法も店頭以外に出張と宅配が利用できます。

また、大量買取に力を入れており、複数台の買取依頼で査定額がアップするのも「ウェイブ」を利用する魅力の1つです。さらに、買取対象が広いのも、カメラ買取専門店の強みで、デジカメだけでなくフィルムカメラも積極的に買い取っています。

岩手でカメラの買取をしてくれるお店を探してみた

海外メーカー製も持ち込めるカメラのサイジョー

「カメラのサイジョー」はカメラの買取販売から写真のプリントやスタジオ撮影まで扱う、カメラ・写真の総合店です。店舗は西駅前町にあり、茨木駅からも徒歩ですぐの距離なので、気軽に立ち寄れます。こちらも専門店だけあってカメラの買取と中古販売にも積極的で、「キヤノン」や「ソニー」などの人気メーカーだけでなく、海外メーカーの取り扱いもあるので、値段がつきにくそうなメーカーのカメラも安心して持ち込めます。

また、ビンテージカメラも買い取っているので、長年眠っているカメラの査定価格を知りたい場合にもおすすめです。