一眼レフカメラを高価買取してもらう方法

使わなくなった一眼レフカメラは高値で売れる可能性があるので、捨ててしまう前に、まずは買取業者に査定してもらいましょう。ここでは、一眼レフカメラを高価買取してもらうコツや、買取業者の選び方などを紹介します。

事前に一眼レフカメラの正しい売却方法を知っておけば、初めての人でも安心して売ることができるでしょう。

一眼レフカメラは高値で売りやすい

一眼レフカメラはもとの定価が高いため、中古でも高値で売ることが可能です。中古品の需要も高いため、うまくいけば想像以上の高値で買い取りしてもらうことができるでしょう。ただし、一眼レフカメラすべてが買取の対象となるわけではありません。

買取対象となるのは、動作確認ができるものに限られるので、故障品は買取不可となってしまいます。年式が古いカメラも、業者によって買取不可とされる場合があるので注意しましょう。一眼レフカメラの中で高価買取が期待できるのは、デジタル一眼レフカメラです。

特に、キャノンとニコンの2大カメラメーカーの製品であれば、高値で売れる可能性が高いと言えます。

一眼レフカメラを高値で売るコツ

カメラを高値で売りたいなら、付属品をすべて揃えてから査定に出しましょう。カメラ本体だけでなく、交換レンズや充電器などの周辺機器をまとめて査定に出すことで、買取価格がアップします。カメラが入っていた箱や取扱説明書なども忘れずに査定に出しましょう。

また、カメラに汚れがついていると、減額される可能性があるので注意が必要です。汚れがある場合は、柔らかい布でカメラを綺麗にしてから査定に出しましょう。状態のいい一眼レフカメラであれば、高価買取が期待できます。

さらに、一眼レフカメラの買取相場は日によって変動するため、査定に出すのが数日遅れるだけでも、買取価格が数千円ほどダウンしてしまうことがあります。特に、新機種が販売された直後は、旧機種の買取価格が大幅にダウンしてしまうので注意しなければなりません。

一眼レフカメラの新機種の発売が間近に迫っているのであれば、まだ相場が高い発売前の時期に古いカメラを売ってしまいましょう。基本的にカメラは発売日から時間が経過するほど価値も下がってしまうので、早めに売るのがポイントになります。

使わなくなった一眼レフカメラを家に放置しておくと、レンズ内にカビが生えしまい、買い取りが難しくなってしまうので、要らないと思ったら早めに売ってしまいましょう。一般的に、イベントが多い春・秋の時期は一眼レフカメラの需要が高まるため、多くの業者が積極的に買い取りを行うようになります。

この時期に一眼レフカメラを売れば、通常よりも高値がつきやすくなるでしょう。


リサイクルショップに売るのはやめよう

一眼レフカメラを買い取りしてくれるショップは街中にたくさんありますが、リサイクルショップに売るのは避けたほうがいいでしょう。リサイクルショップは様々な商品を買い取りしてくれる便利なショップですが、カメラの知識に詳しい査定スタッフがいないため、相場より安値で買い取りされる可能性があります。

本来高値で売れたものが、安値で買い叩かれてしまうのは非常にもったいないので、なるべくカメラ買取専門店に売るようにしましょう。専門店であれば、一眼レフカメラの知識があるスタッフが査定してくれるため、安値で買い叩かれる心配がありません。

店舗に直接持ち込めば、その場ですぐに査定してもらうことができます。

カメラを売る際のポイントと茨木で買取をしてくれるお店について

買取業者の選び方

一眼レフカメラの買取業者を選ぶときは、各業者の買取価格やサービス内容を比較しましょう。買取実績が豊富で高価買取可能な業者であれば安心です。すぐに現金化したい人であれば、スタッフの対応が丁寧でスピーディーな業者を選ぶといいでしょう。

どの業者も査定だけであれば無料で受け付けているので、業者が提示した査定額に納得できなければ、その場で断ることができます。査定を受けたからといって、必ずしも売却する必要はないので、まずは気軽な気持ちで査定を受けてみましょう。

また、全国的に名の知れた業者であれば安心して買取を依頼することができますが、無名の業者を利用するときは、古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得しているかどうかホームページなどで確かめておく必要があります。

買取業者の中には評判のよくない業者もいるため、悪徳業者にひっかからないようにするためにも、事前の下調べが欠かせません。ネットで事前に口コミなどをチェックして、各業者の評判を確かめておくといいでしょう。

岩手でカメラの買取をしてくれるお店を探してみた

便利な宅配買取を利用しよう

最近は宅配買取を実施している業者も多いので、自宅近くに買取業者がない場合は、宅配買取を利用して一眼レフカメラを売ることもできます。宅配買取を利用すると、宅配業者が自宅までカメラを引き取りに来てくれるため、わざわざ店舗まで出向く手間がかかりません。

店に行く時間を節約できるので、忙しい人も利用しやすいメリットがあります。大量のカメラ・レンズもダンボールに詰めて送るだけで簡単に売却できるため、自分で持ち出す必要がありません。また、宅配買取であれば、24時間365日年中無休で受け付けているため、いつでも好きなときに申し込むことができます。

宅配買取の申し込みはネットで受け付けているため、スマホから申し込むことも可能です。ただし、宅配買取を利用するときは梱包方法に注意しなければなりません。梱包方法が雑だと、運搬中にカメラに傷がついてしまい、査定額が大きく下がってしまう可能性があります。

故障や動作不良が起きてしまえば、買取不可と判断されてしまうこともあるので十分注意が必要です。

運搬中に一眼レフカメラに傷がつくことがないように、梱包材できちんと包んでからダンボールに入れましょう。さらに、ダンボールにカメラを詰めるときは、隙間ができないように新聞紙などで埋めておきましょう。


売る前にすべきこと

一眼レフカメラを売る前に、メモリーカードは必ず抜き取っておきましょう。メモリーカードを入れたままにしておくと、写真データが悪用されてしまい、情報漏洩につながります。また、カメラの初期化も忘れずに行いましょう。

メニューボタンからカメラ設定初期化を選択すれば、簡単に初期化することができるので手間がかかりません。ただし、メーカーや機種によって初期化の方法が異なるので、事前に取扱説明書をチェックしておきましょう。